鬼柚子

簡単、手間なしが大好きなマダムノノです。

 

縁起物と言われる鬼柚子(獅子柚子)をスーパーで見かけ、思わず購入。

 

それにしても……でかい。

 

鬼柚子とゴルフボール
横にゴルフボールを置いてみた図

 

買ったはいいけど、これ、どうするの??

はい、ジャムを作りましょう。即決定。

 

他の食べ方も思いつかないし……。

 

ということで、超簡単レシピをご紹介いたします


記事では圧力鍋を使う方法もご説明しています。

圧力鍋を使う方法はさらに簡単です。

ぜひチェックしてみてくださいね。



スポンサーリンク

鬼柚子ジャムの材料

鬼柚子          1個

砂糖          柚子の重さの半量くらい

クエン酸かレモン汁   あれば大さじ1/2〜1くらい

水           1カップ(200ccくらい)

 

シンプル。適当。ざっくりで大丈夫です。

 

お好みで、砂糖の量はもっと増やしてもいいですね。

 

では、さっそく作ってまいりましょう。

 

鬼柚子ジャムの作り方

鬼柚子を洗い、ほどよい大きさに切って皮と果肉を分けます。

4〜8等分くらいがやりやすいかと。

鬼柚子を切ったところ

 

わたは取ってもいいし、そのままでも。

鬼柚子のわたは、それほど苦味はありません。


わたしはめんどくさいので、そのまま派です。ちょっと苦いくらいがアラフィフ好み^ ^)

果肉から種を取り除いて、ざっくり切っておきましょう。


(果肉を包む薄皮は取り去るとていねいですが、わたしはそのまま使います。)

皮は2〜3ミリの薄切りに。

鬼柚子の皮を茹でこぼしたところ

 

あまり苦くはないといっても、やはりそれなりに苦いです(笑)

鍋に皮とひたひたの水を入れ、5分ほどゆでこぼします。

(さらに苦味を抜きたい場合は、水をかえてもう1回ゆでこぼします。)

そのあと、冷水にひたしてから、水気をしぼります。

 

 

水気をしぼった皮と、果肉、砂糖半量、レモン汁(クエン酸)、水を鍋に入れます。

混ぜながら沸騰させます。沸騰したら、残りの砂糖も加えます。

焦げないように混ぜながら、トロッとするまでコトコト煮込んで完成です。

 

圧力鍋で時短!

 

圧力鍋だと、煮込む時間を短くできます♪

水気をしぼった皮と水を圧力鍋に入れ、蒸気があがりだしてから、3分ほど加熱。

圧が抜けたら蓋を開け、砂糖、レモン汁(クエン酸)を加えてトロッとするまで数分煮て完成です。

 


熱い時はゆるめでも、冷めるととろみは増します。

 

鬼柚子ジャムの完成

 

煮沸したビンなどに入れ、完成♪

とにかく、鬼柚子だと1個でも大量にジャムができます。


 

大家族でもなければ、いちどには食べきれるもんじゃありません^^;

 

日持ちはしますが、小分けにして冷凍保存するのがおすすめです。



じつは、鬼柚子は柚子ではない……!

獅子、鬼→邪悪のものを退ける。

実が大きい→実入りが大きい、千客万来

 

などから縁起物といわれる鬼柚子(獅子柚子)

ですが……

 

実は、ブンタンの仲間


柚子といいつつ柚子じゃないのでした……。


今回の振り返り

作った鬼柚子ジャムに、ハチミツをプラス。

お湯で割り、「柚子美味しいっ」とご満悦だったわたし。

ボンタンであって柚子ではないと知り、心境は微妙になりましたが……

 

柚子茶
↑柚子茶ではない鬼柚子茶

 


でもまあ、美味しくいただければどちらでもヨシですね!

 

ぜひ、お試しください^ ^



スポンサーリンク