四割のみかん
スポンサーリンク

知る人ぞ知る【有田むき】

簡単、手間なしが大好きなマダムノノです。

みかんは洗わなくてもナイフがなくても、手で皮を剥くだけで食べられる、バナナと双璧のお手軽フルーツ。

そんなみかんですが、さらに手早く剥ける方法があります。

それは有田むきという剥き方。

 

有田むきだと、簡単、早い、手を汚さない!のです!

 

和歌山県の有田地域ではごく普通の剥き方らしいのですが、まだまだマイナー。

しかしこの手軽さ、実力的には全国区です(キッパリ)

 

では、さっそく剥いてまいりましょう。

 

剥き方

みかんを裏向けにします。

割りやすくするために、少し切れ目を入れ……

 

割れたみかん

 

パカッとふたつ割りにします。

まず、割る。それが有田むき。

 

そして、間髪入れずに(入れても可)さらに割り、四つ割りに。

 

四つ割りのみかん

 

はい、まだ剥いてません。ここまでは割り方。

 

しかし、もうおわかりですね?

 

剥きかけのみかん

 

裏の中央から押し出すようにして、くるっと剥きます。

そして、そのままお口へ。

 

食べる部分には手を触れることなく、見事ゴールです♪

(ちょっとは触れるかな? ^^;)

 

 

ねこ氏ねこ氏

早く剥けるのはいいけれど、その分、みかんの白い筋が残るんじゃないの?

 

 

では、オーソドックスな剥き方と比較してみましょう。

 

スポンサーリンク

他の剥き方と比べてみる

オーソドックな剥き方とは。

みかんの裏

 

このように、裏の中心からぺりぺり剥く剥き方ですね。

 

2個のみかん

 

左がオーソドックスな剥き方、右が有田むき。

 

さっそく、剥いたものを比べてみましょう。

 

皮を剥いたみかん

 

あきらかに、有田むきの方がきれいに筋が取れてますね!

 

美しい……。

 

まとめ

手軽さに惚れ込んで、今回、全面的に有田むきを推しました。

でも、もちろんオーソドックスな剥き方もいいですよね。

暖かい部屋で、のんびりゆっくりみかんの皮をぺりぺりと剥く至福のひとときも、大切にしたいものです。

ちなみに、有田を『ありだ』ではなく、『ありた』だとアラフィフまで思っておりました。

長年生きてきても、世の中、知らないことがたくさんありますね^^;


スポンサーリンク