テーブルクロスと皿

お気楽お手軽が大好きなマダムノノです。

テーブルクロス、そのままかけただけだとどうしても滑ってずれますよね。

滑り止めクリップ、シートといろいろ売ってはいますが、ひとまず今すぐ滑りにくくしたい!

布製のテーブルクロスなら、そんなお悩みは安全ピンで簡単に解決です。

ねこ氏ねこ氏

ホントに今すぐにできるの?

はい、5分とかからずにできますよ!

スポンサーリンク

用意するものは安全ピンだけ

用意するものは安全ピン4つだけ。

サイズは小さいものでも、大きいものでも大丈夫。

テーブルクロス

服の値札タグについてくる安全ピンでも、名札用などのしっかりしたものでもOK。

それでは作業開始!

とっても簡単、とめるだけ!

どこをとめるかというと、そう、四隅です。

テーブルの四隅にクロスが少々引っかかっているだけで、天板全体にあれこれ何かをしなくても、かなりずれにくくなります。

では、早速やっていきましょう。

テーブルクロスがテーブルから垂れる長さを調整してから、テーブルの角でクロスがだぶついている部分を折ります。

テーブルクロス

折った部分がずれないように押さえながら、裏から安全ピンを突き刺します。(指を刺さないようにご注意を!!)

テーブルクロス

そのまま手探りで安全ピンを閉じてもいいのですが……

わたしはこの時指を刺しました(笑)

ねこ氏ねこ氏

簡単だけど、なめたらアカン

裏返してから、ピン先を閉じることをおすすめします。

テーブルクロス
針を刺したまま裏返してとめます。

このような感じになります。

テーブルクロス

表に出ないように、いちばん上になる生地には針を刺さない方がきれいです。

あと3か所も同じようにします。

やることは、たったこれだけです。

ねこ氏ねこ氏

ひとまずこれで、急場はしのげますな

テーブルクロスの上で重いものを引きずったりすると、さすがにずれますが……そんな時も角の位置をピッと合わせれば、すぐに元どおり。

テーブルクロス

滑り止めを買うまでの仮のものとしては十分です。

スポンサーリンク

テーブルクロスの滑り止めのおすすめは?

最後にテーブルクロスの滑り止めでおすすめのものをご紹介しますね!

滑り止めの種類○メリット×デメリット
シート・シールタイプクロスの下になるので目立たない効果がやや弱め
クリップタイプ挟んで留めるので強力クロスに合わないと目立ってダサい
おもりタイプ四隅にチャームを下げると意外とおしゃれにクロスの生地によってはずれることも

シート・シールタイプ

シートタイプやシールタイプは、テーブルクロスの柄やデザインに影響がでないのがいいですね。

仕組み上、完璧にずれないというわけではないのは仕方のないのかなあと。

クリップタイプ

挟んでがっちり留めるので、まずずれることはありません。

とにかくずれるのだけは耐えられない方はこのタイプ一択です。

しかし表から留めるので、目立つのは否めません。

クロスのデザインとの相性によっては、果てしなくダサくなってしまう可能性も……。

透明プラスチックはいくらか目立ちませんが、ちょっと壊れやすいとの口コミがちらほら。(100円ショップのものよりは強度はいいそうです。)

丈夫なステンレス製で、逆に思い切って目立たせてしまうのも手かもしれませんね。

↑ こちらの8個セットは蝶、カトラリー、葉、など5種類のデザインから選べます。

おもりタイプ

四隅にチャームを下げ、その重さでテーブルクロスのずれを防ぐタイプになります。

小さいものから大きなものまで、いろいろなバリエーションがあります。

薄手のテーブルクロスならどれでも大丈夫だと思いますが、厚手のテーブルクロスはチャームが軽すぎると単なる飾りになってしまうので注意です。

とはいえ、テーブル周りがちょっとおしゃれになるのはいい感じ^^

↑ こちらのタイプは、じょうろ、くま、ねこ、ぶどう、カップアンドソーサー、バラの6種類から選べます。

まとめ

テーブルクロスを安全ピンだけで滑りにくくする方法をご紹介しました。

ポイントは四隅。

とっても簡単ですので、ぜひお試しください^ ^


スポンサーリンク